2007年01月17日

Google アラート - 山形


山形 に関する Google ニュース アラート




仙山交流あきんど塾 元気商店街へ意見交換 山形


河北新報 (会員登録)

塾には、宮城、山形両県の商店街関係者ら約20
人が参加。仙台朝市商店街振興組合の小笠原隆専務が講
演し、同組合が2005年に商店街に開店したアンテナ
ショップ「ら・ぽるて」の取り組みについて紹介した。
小笠原氏は宮城県内の特産品を扱ったアンテナショップ
の運営 ...



友好のワイン直輸入 山形の姉妹都市豪スワンヒル産


河北新報 (会員登録)

山形市民の有志がつくる「スワンヒルクラブ」と
酒卸業「武田庄二商店」(武田和哲社長)が連携して企
画。オーストラリア領事館(仙台市)の協力を得て実現
した。
スワンヒルはワイン用ブドウの生育に適した気象条件で
、質を重視した生産と優れた品質管理技術で知られて
...



災害時に相互応援 龍ケ崎市 静岡県裾野市と協定


東京新聞

龍ケ崎市は十五日、静岡県裾野市と「大規模災害時相互
応援協定」を締結した。地震などの大規模災害発生時に
緊急物資や復旧作業用資材の提供、職員の派遣など両市
の相互応援態勢を確立するのが狙い。
地震などの大規模災害が発生しても、約百七十キロ離れ
た龍ケ崎市と裾野 ...


このトピックに関する記事をすべて表示する



雪国の生活や文化学ぶ 中部の小学生、山形を訪問


琉球新報

【山形県で宮城隆尋】本島中部の小学生70人が16日
、中部広域圏児童最上派遣交流事業(主催・中部広域市
町村圏事務組合)で、山形県新庄市を訪れ、同市内で最
上圏の子どもたちと交流した。児童らは3泊4日の日程
で雪遊びやスキー体験などを通し、雪国の生活や文化を
...



J2仙台 山形のMF永井獲得


河北新報 (会員登録)

J2仙台は16日、J2山形のMF永井篤志(3
2)=177センチ、63キロ=を完全移籍で獲得した
と発表した。仙台が山形の保有する選手を獲得す
るのは初めて。
永井は鹿児島県出身。長崎・国見高から駒大を卒業後、
1995年にJFL福岡(現J2福岡)に入団。
...


このトピックに関する記事をすべて表示する



大量定年をどう生きる (下) 面白いこと発見しなきゃ


東京新聞

今年は、江戸時代の北前船にならい、秋田と山形
の庄内地方を結ぶ地域おこしにも力を注ぐ》.
六年間で、ものすごいネットワークができた。その人た
ちを巻き込んで、地元の情報を発信する会社をつくる。
「北前船コリドール」という構想。秋田と庄内に株式会
社を設立し、「 ...



 この Google アラートはその都度の頻度で送信されます.


このアラートを削除

別のアラートを作成

アラートの管理

posted by もりもり at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31557614

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。